コレステロールの嘘

【コレステロールの嘘】痩せているのになぜコレステロールが高くなるのか?

コレステロールが高いのは食事のせいだと思ってませんか?

コレステロールは80%が肝臓で合成されますので食事の影響は20%程度しかありません。それではなぜコレステロールは上がったり下がったりするのでしょうか?

この記事ではコレステロールが上がる理由について解説します。

コレステロールはなぜ高くなるのか?

ビール腹

自分は痩せているのになぜかコレステロールが高い・・・と悩んでいる人が多くいます。少なくともネット上の質問サイトでは、そういった疑問が数多く寄せられています。

痩せているとか肥満だからといってコレステロールの値が上下する理由はありません。

コレステロールの働き

それではコレステロールってどんな働きをするのでしょうか?

コルチゾールの前駆物質

手術や競技スポーツなどで副腎皮質ホルモンのコルチゾールは正常値の2倍から10倍の濃度上昇を示す。コルチゾールの上昇は肝臓のコレステロール産生を促進する。

女性および男性ホルモンの前駆物質

性ホルモンの前駆物質である。総コレステロール200mg/dl以下では男女の活力の減退、肉体能力の低下、骨格の不具合、睡眠障害をきたす。コレステロール低下薬により男性では勃起障害をきたす。

アルドステロンの前駆物質

コレステロールが低いとミネラル代謝障害をきたす可能性がある

胆汁酸の前駆物質

胆汁酸は脂肪の消化吸収を調整している。また便の排泄にも関与している。

コレステロールが少ないと胆汁酸の合成が低下し便秘となる。

ビタミンDの前駆物質

ビタミンDは皮下にあるコレステロールが光照射によって活性のある7-ヒドロコレステロールに変化したものである。

ビタミンD不足は骨のカルシウム欠乏、すなわち骨粗鬆症やクル病を引き起こす。コレステロール低下によってビタミンD合成が抑えられる。

細胞膜・ミトコンドリア膜の構成成分

コレステロールは細胞膜の流動性を調節している。

細胞膜のイメージ
【コレステロールの嘘】コレステロールは細胞膜のコーディネーター

コレステロールとは体内でどのような働きをしているのでしょうか?またコレステロールは何から合成されるのでしょうか? この記事では「代謝」がわかれば身体がわかる(光文社新書)よりコレステロールの働きで最重 ...

続きを見る

コレステロールの合成

コレステロールは肝臓で合成されます。食事からの影響は20%程度です。

アセチルCoA→HMGーCoA→メバロン酸→活性イソプレン→多段階反応→コレステロール

スタチンはHMGーCoAからメバロン酸への反応をつかさどるHMGーCoAレダクターゼを阻害する。コレステロールの合成を元からブロックする。

活性イソプレンからはビタミンA、ビタミンK、ビタミンD、コレステロール、胆汁酸、ユビキノン、ステロイドホルモン、スクワレンなどが作られる。

コレステロールの合成

「代謝」がわかれば身体がわかる(光文社新書)

コレステロールが上下する原因

コレステロール値の変動はコレステロールから生成されているホルモンの需要度によって決まる(コレステロール欺瞞より)

  • 重度な肉体負荷で上昇(コルチゾールの前駆物質であるコレステロールの需要が2倍から10倍へ増加する)
  • 年齢によってコレステロール値は上昇するが60歳からはやや下降する
  • 心身のストレスで上昇
  • あらゆる種類の疾患で上昇
  • 逆に飢餓、肝硬変、慢性的消耗疾患では下がる
  • 食事によるコレステロール値の変動は僅かである。しかも肝臓における合成の増減で10時間から12時間で調整される。
  • 食品のコレステロール含有量はコレステロール値に何の役割も演じない。せいぜい2%程度。

まとめ

血液検査でコレステロールが上下して一喜一憂する必要はない

食事の影響は無視できる

コレステロールが高いときは身体がコレステロールを必要としている

あえてコレステロールを下げようなどと思うのは馬鹿げたことである

運動して痩せた人は肉体負荷でコレステロールが上昇した可能性がある

-コレステロールの嘘
-

© 2020 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5