ビタミン 新型コロナ

【ビタミン】ビタミンD不足は新型コロナウイルス感染のリスク、重症化リスク、死亡リスク上昇と相関する

2021年10月20日

発熱

以前からビタミンDと新型コロナウイルス感染症についてはビタミンDの有効性が指摘されていましたが、今回メタアナリシスが発表されましたので翻訳してみました。

ビタミンDに関する以前の記事はこちらです

【ビタミン】コロナに打ちかつ免疫力をつけよう!:ビタミンDの効果 まとめ

ビタミンDは脂溶性ビタミンです。脂溶性ビタミンというのは「摂りすぎると過剰症になるので危険!」というイメージがありますよね?脂溶性ビタミンにはDの他にビタミンA、ビタミンE、ビタミンKがあります。アデ ...

続きを見る

【ビタミン】ビタミンDその他 細胞性免疫を高めるサプリ

最近トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染して、色々な治療を受けましたが、その中の一つに「ビタミンD」「亜鉛」がありました。 この記事ではビタミンDを含めたサプリが新型コロナウイルスを含む感染症に効 ...

続きを見る

Vitamin D Deficiency Linked to Increased Risk for SARS-CoV-2 Infection, COVID-19 Severity and Death


ビタミンD不足は新型コロナウイルス感染のリスク、重症化リスク、死亡リスク上昇と相関する

Individuals with vitamin D deficiency or vitamin D insufficiency may be at increased risk for SARS-CoV-2 infection, as well as COVID-19-related severity and mortality, according to findings from a systematic review and meta-analysis presented at the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2021 Annual Meeting, held from October 1 to 4, 2021, in San Diego, California and real-time virtually.

2021年10月1日から4日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された米国骨代謝学会(ASBMR)2021年年次総会で発表されたシステマティックレビューとメタ分析の結果によると、ビタミンD欠乏症またはビタミンD不全症の人は、SARS-CoV-2感染症のリスクが高く、COVID-19関連の重症度や死亡率も高くなる可能性があるとリアルタイムで発表された。

Study authors sought to explore whether vitamin D status was linked to COVID-19 severity and mortality —the primary study outcomes — as well as risk for SARS-CoV-2 infection and hospitalization — the secondary study outcomes.

研究者らは、ビタミンDの状態が、COVID-19の重症度と死亡率(主要なアウトカム)、およびSARS-CoV-2感染と入院のリスク(副次的なアウトカム)に関連しているかどうかを調べた。

Original studies were eligible in the analysis if they included patients hospitalized with COVID-19 (with information available on admission to intensive care unit ICU and/or mortality); patients with/without SARS-CoV-2 infection; and patients with COVID-19 who did or did not require hospitalization. Studies that reported on the prevalence of vitamin D insufficiency (25-hydroxyvitamin D 25 OHD <30 ng/dL), and/or vitamin D deficiency (25 OHD <20 ng/dL), and/or severe vitamin D deficiency (25 OHD <10 ng/dL) were also included. A total of 53 studies were included in the current analysis.

COVID-19で入院した患者(集中治療室(ICU)への入室および/または死亡に関する情報が得られる)、SARS-CoV-2感染の有無、入院を必要としたCOVID-19患者、または入院を必要としなかったCOVID-19患者を対象とした原著論文を分析の対象とした。また、ビタミンD不足(25-ヒドロキシビタミンD(25 OHD)が30ng/dL未満)、ビタミンD不足(25 OHDが20ng/dL未満)、重度のビタミンD不足(25 OHDが10ng/dL未満)の有病率を報告した研究も対象とした。合計53件の研究が今回の分析に含まれた。

Overall, the link between vitamin D status and COVID-19-related ICU admission, mortality, and hospitalization, and SARS-CoV-2 infection was reported by 28, 36, 10, and 16 studies, respectively.

全体として、ビタミンDの状態とCOVID-19関連のICU入室、死亡、入院、およびSARS-CoV-2感染との関連は、それぞれ28件、36件、10件、16件の研究で報告されている。

Severe vitamin D deficiency (odds ratio OR, 2.63; 95% CI, 1.45-4.77), vitamin D deficiency (OR, 2.16; 95% CI, 1.43-3.26), and vitamin D insufficiency (OR, 2.83; 95% CI, 1.74-4.61) were all associated with COVID-19-related ICU admission. Further, severe vitamin D deficiency (OR, 2.29; 95% CI, 1.39-3.49), vitamin D deficiency (OR, 1.84; 95% CI, 1.26-2.69), and vitamin D insufficiency (OR, 4.15; 95% CI, 1.76-9.77) were all associated with COVID-19-related mortality.

重度のビタミンD欠乏(オッズ比OR、2.63;95%CI、1.45-4.77)、ビタミンD欠乏(OR、2.16;95%CI、1.43-3.26)、ビタミンD不足(OR、2.83;95%CI、1.74-4.61)は、いずれもCOVID-19関連のICU入室と関連していた。さらに、重度のビタミンD欠乏症(OR、2.29;95%CI、1.39-3.49)、ビタミンD欠乏症(OR、1.84;95%CI、1.26-2.69)、ビタミンD不足症(OR、4.15;95%CI、1.76-9.77)は、すべてCOVID-19関連の死亡率と関連していた。

Study authors also noted that COVID-19-related hospitalization was associated with severe vitamin D deficiency (OR, 2.50; 95% CI, 1.63-3.85), vitamin D deficiency (OR, 2.38; 95% CI, 1.56-3.63), and vitamin D insufficiency (OR, 1.82; 95% CI, 1.43-2.33).

また、COVID-19関連の入院は、重度のビタミンD欠乏症(OR、2.50;95%CI、1.63-3.85)、ビタミンD欠乏症(OR、2.38;95%CI、1.56-3.63)、ビタミンD不足症(OR、1.82;95%CI、1.43-2.33)と関連していた。

With regard to the secondary endpoints, SARS-CoV-2 infection was linked to severe vitamin D deficiency (OR, 1.68; 95% CI, 1.32-2.13), vitamin D deficiency (OR, 1.83; 95% CI, 1.43-2.22), and vitamin D insufficiency (OR, 1.49; 95% CI, 1.16-1.91).

副次的評価項目については、SARS-CoV-2感染は、重度のビタミンD欠乏症(OR、1.68;95%CI、1.32-2.13)、ビタミンD欠乏症(OR、1.83;95%CI、1.43-2.22)、ビタミンD不足症(OR、1.49;95%CI、1.16-1.91)と関連していた。

Study results were not modified even considering specific populations, such as White patients, older vs middle-aged patients, and high-quality studies.

また、白人患者、高齢者と中年者、高品質な研究など、特定の集団を考慮しても研究結果は変わらなかった。

The researchers concluded, “The results from the analysis suggest that individuals with either vitamin D insufficiency or deficiency present an increased risk of SARS-CoV-2 infection, COVID-19-related severity and death.”

研究者らは、「ビタミンDが不足している人は、SARS-CoV-2感染、COVID-19関連の重症化、死亡のリスクが高まることが示唆された」と結論づけている。

結論

新型コロナウイルスに感染しない、感染しても重症化しないためにはワクチンよりもビタミンDの方が安全かつ有効です

ビタミンDのサプリはどこで購入すればいいのか?

果たしてビタミンDサプリはどこで購入すればお得でしょうか?おすすめはズバリiHerbです!種類は豊富かつ安いし値引きもあります。あとはやはりAmazonや楽天です。コストコにもたくさん売られていますが、一つ一つのサプリの含有量は今ひとつ。

マルチビタミンよりも単剤の方が含有量が多い。

ビタミンD3の単位は2000単位と5000単位が主に販売されてますが、5000単位がお勧めです。

-ビタミン, 新型コロナ

© 2021 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5