ビタミン

ビタミンB1が大切な理由

2020年7月30日

チアミン(英: thiamin, thiamine)は、ビタミンB1(英: vitamin B1)とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。栄養素のひとつ。このほか、サイアミン、アノイリンとも呼ばれる。

糖質および分岐脂肪酸の代謝に用いられ、不足すると脚気や神経炎などの症状を生じる。(Wikipedia)

ビタミンB1が欠乏することによって起こる病気としては以下がある。

脚気、代謝性アシドーシス、ウェルニッケ脳症、多発性神経炎、神経痛、筋肉痛、関節痛、末梢神経炎、二次性肺高血圧症

ビタミンのサプリを飲み始めて速攻で効果を実感できるのはビタミンB1だ。おれは酒に弱く二日酔いに悩まされていたが、ビタミンB1を飲み始めてからは悪酔いすることがなく、翌日も普通に仕事に出ることができるようになった。また常に悩まされていた口内炎が0とまではいかないが激減している。

ビタミンB1が二日酔いに効果があるということの理論は以前ブログで掲載した。

二日酔いの予防にはビタミンB1が効果的!http://vegetable.hungry.jp/b1/

要約すると・・・

糖質を日常的に過剰に摂取しているとビタミンB1が不足する

ビタミンB1不足の状態でアルコールを過摂取

アルコールデヒドロゲナーゼだけでアルコールを処理できない

MEOS(ミクロソームエタノール酸化系酵素)を使うが

MEOSにはビタミンB1が必要なので不足していると働かない

二日酔いがつづく

こういった理由だ。

さて、ビタミンB1のサプリにはなにがいいのであろうか?

NOWのB-50やB-100にはそれぞれ50mg、100mgのB1が含まれている。

ただ、ビタミンB1は水溶性ビタミンなので過剰に摂取しても尿中にすぐ排泄されてしまう。

一方ベンフォチアミンは長時間体内にとどまることができるとされている。

ベンフォチアミンは、より生物学的利用能があるチアミン(ビタミンB-1)の派生物。普通のチアミンとは異なり、ベンフォチアミンは脂溶性でより生理活性があります。正常なグルコース代謝軌道を維持するために必須酵素、トランスケトラーゼを刺激することによって、正常なグルコース利用をサポートします。正常なグルコース濃度は、腎臓と網膜の内皮細胞促進にも重要です。(iHerbより)

ただ、脂溶性であるというのは間違いという説もある。

LIFE ExtensionのBenfotiamineは1錠100mg中にビタミンB1 25mg含まれている。

わがはB-50を2錠x2朝夕、ベンフォチアミン1錠x2朝夕とっているので、ビタミンB1としては250mg/日摂っていることになる。今のところ口内炎も減って調子がいい。

 

-ビタミン

© 2020 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5