疾患

産後うつは「甘え」ではない!

2020年9月18日

つい最近、日本会議所属 橋本琴絵という女性のツイートがバズりました。この女性の考えは女性が女性を差別する典型であり看過できません。また産後うつという状態に対する誤解があまりにもひどい。

産後うつは「甘え」ではない!橋本氏発言の要約:

  • もし奥様が「産後うつ」を言い訳にして家事や育児を怠ったら怒鳴りつけて躾けましょう。「産後うつ」は甘えです
  • 「産後うつ」という病気は地球上に存在しません。ICDにもdsmにもない。産褥期鬱状態はあるが状態であってうつではない
  • 産後うつなどと甘えたことをいっているから男女平等は実現せず、性差別が横行する
  • WHOと米国精神医学学会の公式見解であるから「産後うつ」なる病名はない。
  • (産後うつは)病気ではない

産後うつは病気ではないか?

産後うつになるメカニズム

産後うつの原因は鉄分の不足です。出産時に母親は胎児に自分の鉄分を分け与えます。もともと鉄分が充足している母親の場合は問題ありません。しかし体内の鉄貯蔵量がぎりぎりであった場合、出産後に鉄不足による「産後うつ」を発症します。

鉄不足はどうすればわかる?

血中フェリチン値を測定することで体内の鉄貯蔵量が分かります。鉄の蓄えです。

血清鉄が正常でもフェリチンが低いと、女性の場合は月経等で鉄が恒常的に失われるため簡単に鉄欠乏に陥ります。

フェリチンの正常値は?

正常値は男性(18-270ug/mL)女性(18-160ug/mL)となっています。しかし18ugというのはかなり鉄が欠乏している状態です。自分の勤務先ではなんと5ug/mL以上という極めて基準値が低く(かなり低くても正常とみなされる)設定されてます。

女性でも100ug/mL以下は鉄欠乏と考えた方がいいようです。

出産とフェリチン値

出産するたびに母親はフェリチン30を胎児に分け与えると言われています。このため第一子より第二子、第二子より第三子の時のほうが産後うつを発症しやすくなります。

産後うつの予防

妊娠中から鉄剤を内服することで鉄欠乏を予防します。普通の若い女性は月経があるため鉄欠乏の予備軍です。つとめて鉄分を補給しましょう。

フェロケルというキレート鉄がおすすめです。ヘム鉄は吸収が良くありません。

できるだけ普通の食事から鉄分を!という考え方は捨てた方がいいです。ほうれん草など食べても吸収される鉄は僅かです。

NOW Foods(ナウフーズ) 高含有 フェロケル鉄

産後うつという病名は存在しない?

橋本氏は「産後うつ」という病名はICDにないから存在しないと豪語してますが、本当でしょうか?

ICDとは国際疾病分類のことです。

国際疾病分類とは、WHO(世界保健機関)が作成した、世界中の疾病、傷害および死因の統計分類。正式には「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」という名称であり、ICDと略される。今までに9回修正が加えられており、2014年現在の最新版は、1990年に世界保健総会にて採択され、2003年に改訂された第10版である。

国際疾病分類では、疾病と傷害が大きく17に分類され、そのうち基本となる分類は3桁の数字で表されている。その一部はさらに細かく分類されており、それらは4桁数字で表されている。国際疾病分類にて定められた英数字の並びは「ICDコード」といわれる。

ICDに登録されている病名がないから、その病気は存在しないというのは詭弁です。

例えば製薬会社MSDが出しているMSDマニュアルには「産後うつ病」として項目が掲載されています。

MSDマニュアル

 

藤川徳美先生の著書がおすすめ

広島で開業されている藤川徳美先生は鉄欠乏・タンパク質欠乏とうつ病の関連について多くの書籍を出版されています。上記の私の見解もすべて藤川先生の著書を読んで学んだものです。実際にフェリチンが低下している患者に鉄剤を投与することで皆さん元気になられていることを実感しています。

ぜひ橋本氏には藤川先生の著書をご一読いただきたいと思います。

産後うつは存在します。原因がはっきりしている病気であり予防が可能なのです。

https://wagadoki.online/lowcarb_diet/iron/
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった [ 藤川徳美 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2020/9/18時点)

楽天で購入

-疾患

© 2020 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5