コレステロールの嘘

【コレステロールの嘘】どうしてコレステロールが高い方が長生きできるのか?

おばあさん

某質問サイトでは若いうちからコレステロールが高いと、将来どんどん高くなってそのうち脳梗塞や心筋梗塞になり死ぬんじゃないか?って不安を抱いている人がたくさん見られます。

ここでは、逆にコレステロールが高い方が長生きできるという説とその理由について解説します。

答え

細胞

長生きする理由は、細胞膜が強化されて免疫力が安定するからです!

脂質栄養学会の見解

長寿のためのコレステロールガイドライン2010年版では以下の記載があります。

ポイント

40−50歳以上、あるいはより高齢の一般集団では総コレステロール値の高い群で癌死亡率や総死亡率が低い。

循環器系学会のガイドラインでは動脈硬化性疾患あるいは心疾患のみを対象としたコレステロール基準値について提言していますが、脂質栄養学会では総死亡率を最終評価項目としています。心疾患や動脈硬化性疾患を最終評価項目=エンドポイントとすることは慢性疾患の評価として不向きです

ポイント

脳卒中はコレステロールや動物性脂肪接種の多い群、血清脂質レベルの高い群ほど発症しにくく、脂質レベルの高い群の方が予後は良好である。

高脂血症と診断された方が脳卒中の経過は良好で死亡率も低いということです

大櫛先生の見解

「コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな」大櫛陽一著には以下の記載があります。

総コレステロールが高い方がガン、呼吸器系疾患、脳血管疾患による死亡率は低い(神奈川県伊勢原市のDATAより)

  • 総コレステロールは加齢に伴い上昇する方が健康的である。老化により免疫力が低下するのは避けられない。生体は総コレステロール値の上昇により、細胞膜が強化され免疫力を高めている
  • LDLコレステロールが少なすぎると細胞膜の形成が不十分でウイルスや細菌の侵入を防御できなくなり、またホルモン類の欠如により免疫力も低下する。このためガンや肺炎による死亡が増える。

まとめ

介護士

  • LDLコレステロールは高い方が細胞膜が強化されるため長生きできる
  • 高コレステロール血症は長寿の指標である(家族性高コレステロール血症以外)
【コレステロールの嘘】コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな

目次コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな:大櫛陽一 著コレステロール低下薬は出されすぎコレステロール低下薬(スタチン)は細胞毒であるスタチンは将来薬害として認識される コレステロールと中性脂肪で薬は飲 ...

続きを見る

介護
【コレステロールの嘘】長寿のためのコレステロールガイドライン:日本脂質栄養学会2010

コレステロールは高い方が長寿である!って本当でしょうか? この記事では2010年に日本脂質栄養学会より出された長寿のためのコレステロールガイドライン要旨からこれは!と思う部分をリストアップしてみました ...

続きを見る

【コレステロールの嘘】コレステロール―嘘とプロパガンダ

健康診断にいって「コレステロールが高いですね」医師から言われた人ってかなり多いのではないでしょうか? この記事では「コレステロール 嘘とプロパガンダ」という本について紹介します。 コレステロールが高い ...

続きを見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな (祥伝社新書) [ 大櫛陽一 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2021/2/21時点)

楽天で購入

 

-コレステロールの嘘

© 2021 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5