コレステロールの嘘

【コレステロールの嘘】健康診断でコレステロールを測る意味はあるのか?

健康診断ではかならずLDLコレステロールとHDLコレステロールが測定されます。

そしておよそ半数近い人々が脂質異常症や脂質異常症の疑いという判定を下され病院を受診するように勧められています。

そもそも国民の半数が異常値と判定されているコレステロールとはいったいなんなんでしょう?

そして国民の半数を不安にさせている健康診断って一体なんなのでしょう?

疑問を投げかける少年
【コレステロールの嘘】健常人の4分の1が異常と診断されている! ーLDLコレステロールの基準値ーその1

健康診断を受けると多くの人々が「脂質異常症」という疑いをかけられてしまいます。 健康な人々の多くを異常として引っかける検査ってなんなんでしょうか? そもそも基準値の設定がおかしいのではないでしょうか? ...

続きを見る

不安な女性
【コレステロールの嘘】日本人の半数は高LDLコレステロール血症??ー日本動脈硬化学会は不安商売をしているのか?その2

健康診断を受けて逆に不安になりませんでしたか? この記事ではコレステロールに関する動脈硬化学会の不安商売について解説します。 日本人の半数は高LDLコレステロール血症?? 某質問サイトをみていると健康 ...

続きを見る

LDLコレステロール/HDLコレステロールとは?

物思いにふける少女

  • 善玉と言われているHDLとは「高比重リポ蛋白質」
  • 悪玉と言われているLDLとは「低比重リポ蛋白質」
  • どちらもコレステロール自体ではなくタンパク質から構成されている複合体
  • これらのリポ蛋白質はコレステロールだけなく中性脂肪なども包み込んでいる

LDLの働き

  • LDLは肝臓で合成されたコレステロール分子を取り込み、体内の無数の細胞へと運搬する
  • このLDLによって運搬されたコレステロールはステロイドホルモン、ビタミンDなどの材料、細胞膜、ミトコンドリア膜の構成物質として使われる
  • LDLを悪玉コレステロールと呼ぶのは極めて不合理である。

HDLの働き

  • 食べ物から供給された、あるいは細胞から放出されたコレステロールを取り込む。
  • 器官や血管に沈着したコレステロールをHDLが取り込む(どれだけ取り込まれるのかは不明)
  • コレステロールを取り込んだHDLは肝臓に運ばれて、そこでコレステロールを解き放つ。
  • そのコレステロールの80%は胆汁酸合成に使われ、20%は遊離コレステロールとなる。
  • 「動脈硬化性のプラークをHDLが解体する」という表現はファンタジーである。なぜなら動脈硬化巣は繊維細胞的な性質のものであり、コレステロールの沈着は最大でも1%に過ぎないから。

コレステロールの重要な働き

  • コレステロールは重要なストレスホルモンであるコルチゾールの前駆物質である。
  • コレステロールは女性および男性ホルモンの前駆物質である。
  • コレステロールはステロイドホルモンであるアルドステロンの前駆物質である。
  • コレステロールはビタミンDの前駆物質である。
  • コレステロールは人体の細胞膜とミトコンドリア膜の成分である

コレステロールを下げる意味はない

コレステロールが高いことと色々な疾患の発症とは関係ありません。コレステロールを食事制限や薬で無理にさげることは以下のような理由で危険です。

  • コレステロール低下薬によってストレスホルモンのコルチゾールが低下すると、血糖の減少を経て、筋の弱体化、痙攣や昏睡状態がしばしば現れる。
  • 身体のあらゆる細胞はその生命機能にコレステロールを必要としている。コレステロール低下薬は器官の機能不全のみならず、腫瘍性の退行現象の原因となる。

まとめ

健康診断でコレステロールを測定する意味は、本物の家族性高コレステロール血症を見つけるためです。

家族性の場合総コレステロールは400〜1000mg/dlまで上昇します。

しかし、健康診断では少しでも高いと「要精密検査」と記載されます。

そして病院へいくと「悪玉コレステロールを下げないと危険ですよ」と言われてスタチンという毒薬が処方されます。

これは一種の不安商売です。

製薬会社は「コレステロールを下げないと将来大変なことになりますよ!」と医師を通して国民にデタラメをささやきかけます。

-コレステロールの嘘

© 2021 健康のために野菜は食べるな! Powered by AFFINGER5